突発性難聴.COM
突発性難聴.COM > 「聞く」仕組み > 音が脳に伝わる仕組み サイトマップ
突発性難聴.COM

・突発性難聴
  >>症状、>>診断方法
  >>検査方法、>>治療方法
  >>発症時の生活について
  >>原因究明について
  >>発症しやすい条件
  >>突発性難聴と思ったら

突発性難聴.COM

伝音難聴と感音難聴の違い
・感音難聴の原因
  @種類と原因
  A後迷路性難聴
・有毛細胞が壊れる原因
  @起こること・壊れる仕組み
  A壊れる仕組み
・ラセン神経節細胞の障害
  @役割と障害の原因
  A人工内耳
・血管条障害の起こる原因
  @障害と感音難聴
  A壊れる仕組みと老化

各難聴障害の病気の原因
先天性難聴の原因
遺伝性難聴の原因
老人性難聴の原因
騒音性難聴の原因
職業性難聴の原因
音響外傷の原因
薬物性難聴の原因


難聴で始まる病気
 @細菌感染・腫瘍
 A糖尿病・免疫疾患

突発性難聴.COM

難聴の治療 
 ・難聴の治療箇所(ターゲット)
 ・難聴(内耳)治療が困難な理由
 ・難聴の原因の治療
 ・難聴の薬物療法
  @ステロイド薬
  A循環改善薬
  B次世代治癒薬
難聴の予防フリーラジカル
難聴の検査
 ・難聴の診断・検査
  @純音聴力検査
  A語音聴力検査
 ・高度・特殊聴力検査
  @聴性脳幹反応
  A耳音響放射
  B電気誘発聴性脳幹反応
 ・難聴の画像検査
  @コンピュータ断層撮影(CT)
  A核磁気共鳴画像(MRI)
  B脳機能画像(ポジトロン)

突発性難聴.COM

音が聞こえる仕組み 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

各聴覚器官の役割
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

突発性難聴.COM

補聴器について
 @仕組みと種類
 A性能・効果
 B性能の限界
人工中耳について
 @仕組みと効用
 A補聴器との違い
人工内耳について
 @役割:蝸牛機能の代行
 A仕組み・構造
 B働き方・機能の仕方
 C人工内耳手術に伴う危険性
 D適応する難聴症状

音が脳に伝わる仕組み

- 「聞く」仕組みについて

 

音が内耳まで伝わる仕組み

 音は、空気の疎密波(ソミツハ:密度の濃い部分と薄い部分が混じっている)と言われています。空気が、ある進行方向に向かって進む縦波の振動です。簡単に空気の振動と考えてもらっても構いません。池に小石を放り込んだ時、水面に波ができて、それが円を描いて広がっていく様子をそうぞうしてもらえばわかりやすいと思います。この振動が耳介(耳たぶ)で集められ、外耳道(耳の穴)で増強されます。そして鼓膜(コマク)を振動し、中耳へ伝達されます。鼓膜までは、通常の耳鼻咽喉科の診察で観察することができます。伝達された音は、中耳で3つの耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の順番)を伝導し、内耳の蝸牛(カギュウ)に伝えられます。

耳の構造(耳介〜内耳)

耳の構造

 

音は蝸牛で機械的振動から電気的信号へ変換

 アブミ骨は、音を感じとる器官である蝸牛と、膜(卵円窓)を介して接しています。内耳には、蝸牛と前庭(ゼンテイ)という2つの感覚器があります。内耳および蝸牛の構造は、ヒトの体のなかでも特に複雑な構造をしています。この2つに関しては、別のページで詳細に説明することにしましょう。
 耳小骨(ジショウコツ)振動は、蝸牛の中に見らされている液体(リンパ液)を振動させます。この振動を感じ取る細胞が有毛細胞はとても大切な細胞で、この細胞がなくなると音を感じとることができなくなります。有毛細胞という名前の通り細胞がなくなると音を感じ取ることができなくなります。有毛細胞はとても大切な細胞で、この細胞がなくなると音を感じ取ることができなくなります。有毛細胞という名前の通り細胞の頂上に「毛」があります。音という機械的な振動が蝸牛に伝わると、有毛細胞の毛が揺らされ、有毛細胞は音が来たことを感じ取ります。そこで有毛細胞はこの機械的な振動を電気的な信号に変えて、有毛細胞とつながっている神経細胞に伝えます。このラセン上の神経細胞をラセン神経節細胞といいます。蝸牛という渦巻型をした器官の真ん中の軸に相当する部分にあります。
 この細胞も音を脳に伝えるためには欠かせない大切な細胞で、ラセン神経節細胞が線維を伸ばし、脳に到達するまでの神経を「聴神経(蝸牛神経)」と呼びます。

有毛細胞の構造(蝸牛内)

耳の構造

 

≫次の記事「蝸牛から大脳の音伝導の仕組み」へ

 

◆「「聞く」仕組みについて」の記事一覧◆

☆聴覚の基礎知識☆
◆音が聞こえる仕組み◆ 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
◆耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

◆各聴覚器官の役割◆
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

内耳再生の特集記事
 ・医療の再生箇所(ターゲット)
 ・有毛細胞の再生
 ・医療の現状 ・試みと可能性
 ◆遺伝子治療◆
 ・遺伝子治療による難聴回復
 ・遺伝子治療の現状と可能性
 ◆有毛細胞の再生治療◆
 ・幹細胞(再生治療の中核)
 ・蝸牛支持細胞
 ・ES細胞
 ◆内耳細胞移植◆
 ・有毛細胞の可能性
 ・神経幹、内耳幹、ES細胞
 ・ラセン神経節
 ・細胞治療の応用

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・