突発性難聴.COM
突発性難聴.COM > 突発性難聴について > 突発性難聴と思ったら? サイトマップ
突発性難聴.COM

・突発性難聴
  >>症状、>>診断方法
  >>検査方法、>>治療方法
  >>発症時の生活について
  >>原因究明について
  >>発症しやすい条件
  >>突発性難聴と思ったら

突発性難聴.COM

伝音難聴と感音難聴の違い
・感音難聴の原因
  @種類と原因
  A後迷路性難聴
・有毛細胞が壊れる原因
  @起こること・壊れる仕組み
  A壊れる仕組み
・ラセン神経節細胞の障害
  @役割と障害の原因
  A人工内耳
・血管条障害の起こる原因
  @障害と感音難聴
  A壊れる仕組みと老化

各難聴障害の病気の原因
先天性難聴の原因
遺伝性難聴の原因
老人性難聴の原因
騒音性難聴の原因
職業性難聴の原因
音響外傷の原因
薬物性難聴の原因


難聴で始まる病気
 @細菌感染・腫瘍
 A糖尿病・免疫疾患

突発性難聴.COM

難聴の治療 
 ・難聴の治療箇所(ターゲット)
 ・難聴(内耳)治療が困難な理由
 ・難聴の原因の治療
 ・難聴の薬物療法
  @ステロイド薬
  A循環改善薬
  B次世代治癒薬
難聴の予防フリーラジカル
難聴の検査
 ・難聴の診断・検査
  @純音聴力検査
  A語音聴力検査
 ・高度・特殊聴力検査
  @聴性脳幹反応
  A耳音響放射
  B電気誘発聴性脳幹反応
 ・難聴の画像検査
  @コンピュータ断層撮影(CT)
  A核磁気共鳴画像(MRI)
  B脳機能画像(ポジトロン)

突発性難聴.COM

音が聞こえる仕組み 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

各聴覚器官の役割
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

突発性難聴.COM

補聴器について
 @仕組みと種類
 A性能・効果
 B性能の限界
人工中耳について
 @仕組みと効用
 A補聴器との違い
人工内耳について
 @役割:蝸牛機能の代行
 A仕組み・構造
 B働き方・機能の仕方
 C人工内耳手術に伴う危険性
 D適応する難聴症状

突発性難聴と思ったら?まずする事は

- 突発性難聴について

 

 突発性難聴は、自覚症状が比較的明確であることを説明しましたが、自覚症状が見られた時に、近所の耳鼻科に行く事がいいのか、それとも専門医のところに行った方がいいのかという疑問を持たれる方も多いと思います。
 診療所の先生のところでも、聴力検査をやってもらい、病歴を行ってくだされば、突発性難聴だと診断はつきます。ただし、その段階ではそのように言うけれど、経過によって後で変わるかもしれないということです。
 だから、そのへんをどう言うかによって、例えば患者さんがそこを離れて他の病院へ行き、違うことを言われた時にトラブルになりやすいのです。どちらも、言っていることは間違ってはいないのですが、患者さんは、一度病名を言われてしまうと、その通りに思ってしまいがちですから、それが困るところです。それから、診療所の医師は、厚生労働省の研究班が出した診断基準を知らないこともあって、軽い難聴を入れてしまう可能性があるのです。
 現在は、程度の軽い難聴は、突発性難聴とは区別しよう、というふうになってきています。軽くても急に聞こえが悪くなった、つまり突発性の難聴で原因は不明なのだけれども、軽いということだけがちがうものは別にしよう、というわけです。別述したとおり、突発性難聴の基準のところで、「かなり高度」といったのは、こういうことがあるからです。
 専門家の間では、軽い感音難聴を急性低温障害型感音難聴としようと基準を決めています。これは1,000ヘルツから高い周波数には問題ありません。低音が500、250、125の3つの周波数の合計が70デシベル以上のものはそう言いましょうと決めたのです。軽い難聴ですから、患者さんの中には難聴を自覚する人と、耳がつまったという感じしか持たない人がいます。つまり、半分以上の人が難聴を訴えないで、耳が詰まったというだけです。
 こうした病状に関しては、比較的早く治りますが、再発しやすいし、なかにはメニエール病に移行するものがあります。そうやって繰り返しているうちに聴力が落ちてきます。そうして、あるとき、ドカンと突然目眩(メマイ)が来るというのがメニエール病です。
 メニエール病のなかにも、蝸牛(カギュウ)型と言われていますが、聴覚だけが変動して、ある時期からメマイが来るというタイプがあるのです。それも同じように内リンパ水腫と考えられていますが、内リンパ水腫は、蝸牛のほうだけに起こっていて、三半規管(サンハンキカン)のほうには来ていません。それがだんだん広がっていって、三半規管に来ると、メマイと難聴がいっしょに来るのです。

蝸牛

 軽い突発性難聴は、急性低音障害型難聴のなかに入れることになっているのですが、それが、一般の診療所の医師に、必ずしも理解されていないのです。
 診療所の医師が、これは突発性難聴だから入院した方がいいでしょうと言ったとします。その場合、かなり軽い難聴なので、絶対に入院しなければ治らないとは言っていません。あとで入院しなかったから治らなかったと後悔するよりは、入院した方がいいのでは、くらいの意味合いで言っていると理解した方がいいでしょう。
 しかし、たまたま入院できなかった人が、外来で治療をして治ったとすると、入院しなくても治るのに、高い治療費を取って入院させようとしたということになります。軽いものは放っておいても治るかもしれませんし、安静にしなくても、軽い仕事だったらやっていても治るかもしれません。しかし、これは結果を予想できないので、判断を間違えると困るのです。

 

◆「突発性難聴について」の記事一覧◆

☆聴覚の基礎知識☆
◆音が聞こえる仕組み◆ 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
◆耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

◆各聴覚器官の役割◆
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

内耳再生の特集記事
 ・医療の再生箇所(ターゲット)
 ・有毛細胞の再生
 ・医療の現状 ・試みと可能性
 ◆遺伝子治療◆
 ・遺伝子治療による難聴回復
 ・遺伝子治療の現状と可能性
 ◆有毛細胞の再生治療◆
 ・幹細胞(再生治療の中核)
 ・蝸牛支持細胞
 ・ES細胞
 ◆内耳細胞移植◆
 ・有毛細胞の可能性
 ・神経幹、内耳幹、ES細胞
 ・ラセン神経節
 ・細胞治療の応用

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・