突発性難聴.COM
突発性難聴.COM > 難聴の検査 > 難聴診断の検査@純音聴力検査 サイトマップ
突発性難聴.COM

・突発性難聴
  >>症状、>>診断方法
  >>検査方法、>>治療方法
  >>発症時の生活について
  >>原因究明について
  >>発症しやすい条件
  >>突発性難聴と思ったら

突発性難聴.COM

伝音難聴と感音難聴の違い
・感音難聴の原因
  @種類と原因
  A後迷路性難聴
・有毛細胞が壊れる原因
  @起こること・壊れる仕組み
  A壊れる仕組み
・ラセン神経節細胞の障害
  @役割と障害の原因
  A人工内耳
・血管条障害の起こる原因
  @障害と感音難聴
  A壊れる仕組みと老化

各難聴障害の病気の原因
先天性難聴の原因
遺伝性難聴の原因
老人性難聴の原因
騒音性難聴の原因
職業性難聴の原因
音響外傷の原因
薬物性難聴の原因


難聴で始まる病気
 @細菌感染・腫瘍
 A糖尿病・免疫疾患

突発性難聴.COM

難聴の治療 
 ・難聴の治療箇所(ターゲット)
 ・難聴(内耳)治療が困難な理由
 ・難聴の原因の治療
 ・難聴の薬物療法
  @ステロイド薬
  A循環改善薬
  B次世代治癒薬
難聴の予防フリーラジカル
難聴の検査
 ・難聴の診断・検査
  @純音聴力検査
  A語音聴力検査
 ・高度・特殊聴力検査
  @聴性脳幹反応
  A耳音響放射
  B電気誘発聴性脳幹反応
 ・難聴の画像検査
  @コンピュータ断層撮影(CT)
  A核磁気共鳴画像(MRI)
  B脳機能画像(ポジトロン)

突発性難聴.COM

音が聞こえる仕組み 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

各聴覚器官の役割
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

突発性難聴.COM

補聴器について
 @仕組みと種類
 A性能・効果
 B性能の限界
人工中耳について
 @仕組みと効用
 A補聴器との違い
人工内耳について
 @役割:蝸牛機能の代行
 A仕組み・構造
 B働き方・機能の仕方
 C人工内耳手術に伴う危険性
 D適応する難聴症状

難聴診断の検査@純音聴力検査

- 難聴の検査ついて

 

聴力検査と画像診断について

 難聴の診断に用いる検査は、2通りに分かれます。1つは、どのような、どの程度の難聴があるのかを調べる検査で、聴力検査がこれにあたります。もう1つは、難聴の原因がどこにあるのかを調べる検査で、レントゲン検査などの画像診断がこれに相当します。種々の聴力検査から、どこが原因の難聴化はある程度わかります。たとえば、いろいろな聴力検査を組み合わせると後迷路性難聴(蝸牛より脳側に原因がある感音難聴)ということもわかりますが、画像診断では、どこの神経にどのくらいの大きさの腫瘍(シュヨウ)があると言った情報を得ることができます。画像診断については、別ページで詳細に解説いたします。

耳の構造

 

純音聴力検査について

 耳鼻科で、一番共通に行われている聴力検査は、「純音聴力検査」と呼ばれる方法です。この検査は、最も基本的な検査ですが、最も重要な検査でもあります。周囲の雑音が入らないように患者さんには防音室に入ってもらいます。ヘッドホンで、ある高さの音を、聞こえないくらいの小さい音量から少しずつ大きくしていってもらい、患者さんがかろうじて聞こえた音の強さを聴力とします。
 音の強さの単位はデシベル(dB)単位で表し、数字が小さいほど聴力が良いことになります。通常0〜20デシベルの範囲を正常な聴力としています。この検査を色々な音の高さで調べます。検査する音の高さ(周波数)は、日常生活に重要な、ヒトの声の高さ(0.5kHz/キロヘルツ〜2kHz)を中心として設定されており、0.125kHz、0.25kHz、0.5kHz、1kHz、2kHz、4kHz、8kHzの7つの音の高さで検査し、それぞれの音の高さでの聴力を決めます。病気の種類によって低い音が聞こえにくくなるものや、高い音が聞こえにくくなるものなどがあるので、この検査でわかる聴力のタイプは難聴の診断に非常に役に立ちます。学校や職場での健診で行われる簡易聴力検査は、純音聴力検査を簡単にしたもので、1kHzと4kHzのみを検査します。4kHzの検査は、騒音性難聴の発見に役に立ちます。
 また、難聴には伝音難聴と感音難聴がありますが、純音聴力検査で区別ができます。ヘッドホンからではなく、耳の後ろにある硬い骨(「乳様突起」と言います)に器械を当てて振動させ、ここから音を伝えるようにすると鼓膜(コマク)や耳小骨(ジショウコツ)を通さずに、直接音が内耳に伝わるので、内耳そのものの聴力を調べることができます。これを「骨導聴力」と言います。ヘッドホンで調べた聴力(「気導聴力」と言います)と「骨導聴力」に大きく差があるときは、外耳、中耳に病変のある伝音難聴、あまり差が無いときは内耳やそれより脳側に病変のある感音難聴ということになります。

 

≫次の記事「難聴診断の検査A語音聴力検査」へ

 

◆「難聴の検査について」の記事一覧◆

☆聴覚の基礎知識☆
◆音が聞こえる仕組み◆ 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
◆耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

◆各聴覚器官の役割◆
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

内耳再生の特集記事
 ・医療の再生箇所(ターゲット)
 ・有毛細胞の再生
 ・医療の現状 ・試みと可能性
 ◆遺伝子治療◆
 ・遺伝子治療による難聴回復
 ・遺伝子治療の現状と可能性
 ◆有毛細胞の再生治療◆
 ・幹細胞(再生治療の中核)
 ・蝸牛支持細胞
 ・ES細胞
 ◆内耳細胞移植◆
 ・有毛細胞の可能性
 ・神経幹、内耳幹、ES細胞
 ・ラセン神経節
 ・細胞治療の応用

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・