突発性難聴.COM
突発性難聴.COM > 難聴の原因 > 騒音性難聴の原因 サイトマップ
突発性難聴.COM

・突発性難聴
  >>症状、>>診断方法
  >>検査方法、>>治療方法
  >>発症時の生活について
  >>原因究明について
  >>発症しやすい条件
  >>突発性難聴と思ったら

突発性難聴.COM

伝音難聴と感音難聴の違い
・感音難聴の原因
  @種類と原因
  A後迷路性難聴
・有毛細胞が壊れる原因
  @起こること・壊れる仕組み
  A壊れる仕組み
・ラセン神経節細胞の障害
  @役割と障害の原因
  A人工内耳
・血管条障害の起こる原因
  @障害と感音難聴
  A壊れる仕組みと老化

各難聴障害の病気の原因
先天性難聴の原因
遺伝性難聴の原因
老人性難聴の原因
騒音性難聴の原因
職業性難聴の原因
音響外傷の原因
薬物性難聴の原因


難聴で始まる病気
 @細菌感染・腫瘍
 A糖尿病・免疫疾患

突発性難聴.COM

難聴の治療 
 ・難聴の治療箇所(ターゲット)
 ・難聴(内耳)治療が困難な理由
 ・難聴の原因の治療
 ・難聴の薬物療法
  @ステロイド薬
  A循環改善薬
  B次世代治癒薬
難聴の予防フリーラジカル
難聴の検査
 ・難聴の診断・検査
  @純音聴力検査
  A語音聴力検査
 ・高度・特殊聴力検査
  @聴性脳幹反応
  A耳音響放射
  B電気誘発聴性脳幹反応
 ・難聴の画像検査
  @コンピュータ断層撮影(CT)
  A核磁気共鳴画像(MRI)
  B脳機能画像(ポジトロン)

突発性難聴.COM

音が聞こえる仕組み 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

各聴覚器官の役割
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

突発性難聴.COM

補聴器について
 @仕組みと種類
 A性能・効果
 B性能の限界
人工中耳について
 @仕組みと効用
 A補聴器との違い
人工内耳について
 @役割:蝸牛機能の代行
 A仕組み・構造
 B働き方・機能の仕方
 C人工内耳手術に伴う危険性
 D適応する難聴症状

騒音性難聴の原因

- 難聴の原因ついて

 

大きな音は難聴(聞こえの悪化)の原因

 過大な音を聞いたために生じる難聴を騒音性難聴(ソウオンセイ・ナンチョウ)これは大きく分けて、仕事などで大きな音が耳に入る場所に何年もいたときに起こる職業性難聴と、ロックコンサートなどで突然大きな音響に接した場合に生じる音響外傷とがあります。両方とも聴力検査を行うと、特徴的な難聴の形を示すので、比較的簡単に診断がつきます。高い音のうち、特定の周波数領域(4,000ヘルツの高さの音)での難聴が認められることが知られています。学校や職場の検診では、簡便にですが、この周波数の音の聞こえを調べています。

難聴になる時間と音源例

音量 音源例 難聴を 患う時間
120dB ジェット機の着陸(25m付近) 5
110dB 工事現場のドリル 20
100dB ヘッドホンステレオ(最高値) 1時間
90dB    
80dB 道路の騒音 8時間
60dB   この程度の音量では、あまり難聴障害は起きません
50dB 洗濯機
40dB  
20dB 木の葉の音
0dB 聴覚の最低値

 

騒音(大きな音)を聞くと難聴が悪くなる原因

 蝸牛(カギュウ)は、本来、音を感じる器官なのですが、音刺激が強すぎると蝸牛のいろいろな場所に障害が起こります。たとえば、音は機械的な振動として蝸牛(カギュウ)に入ってくるので、この物理的なエネルギーが大きすぎると、蝸牛の中の部屋を分けている膜が破れてしまったり、血液の流れが途絶えてしまったりします。有毛細胞の「毛」が取れてしまうこともあります。大きな音を長いあいだ聞いていると、有毛細胞とラセン神経節細胞がつながっているところで、信号を伝えるアミノ酸が大量に放出されることになります。興奮を伝えるアミノ酸は、音を脳に伝えるためには不可欠なのですが、多すぎると毒になってしまいます。これにより、有毛細胞やラセン神経節細胞が死んでしまうことがあります。大きな音を突然に聞いた場合には、鼓膜が破れてしまうことがあります。

蝸牛の断面図(下図:断面拡大図)

蝸牛の断面図
蝸牛の断面図(拡大)

 

◆「難聴の原因について」の記事一覧◆

☆聴覚の基礎知識☆
◆音が聞こえる仕組み◆ 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
◆耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

◆各聴覚器官の役割◆
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

内耳再生の特集記事
 ・医療の再生箇所(ターゲット)
 ・有毛細胞の再生
 ・医療の現状 ・試みと可能性
 ◆遺伝子治療◆
 ・遺伝子治療による難聴回復
 ・遺伝子治療の現状と可能性
 ◆有毛細胞の再生治療◆
 ・幹細胞(再生治療の中核)
 ・蝸牛支持細胞
 ・ES細胞
 ◆内耳細胞移植◆
 ・有毛細胞の可能性
 ・神経幹、内耳幹、ES細胞
 ・ラセン神経節
 ・細胞治療の応用

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・