突発性難聴.COM
突発性難聴.COM > 難聴の原因 > 音響外傷(おんきょう・がいしょう)の原因 サイトマップ
突発性難聴.COM

・突発性難聴
  >>症状、>>診断方法
  >>検査方法、>>治療方法
  >>発症時の生活について
  >>原因究明について
  >>発症しやすい条件
  >>突発性難聴と思ったら

突発性難聴.COM

伝音難聴と感音難聴の違い
・感音難聴の原因
  @種類と原因
  A後迷路性難聴
・有毛細胞が壊れる原因
  @起こること・壊れる仕組み
  A壊れる仕組み
・ラセン神経節細胞の障害
  @役割と障害の原因
  A人工内耳
・血管条障害の起こる原因
  @障害と感音難聴
  A壊れる仕組みと老化

各難聴障害の病気の原因
先天性難聴の原因
遺伝性難聴の原因
老人性難聴の原因
騒音性難聴の原因
職業性難聴の原因
音響外傷の原因
薬物性難聴の原因


難聴で始まる病気
 @細菌感染・腫瘍
 A糖尿病・免疫疾患

突発性難聴.COM

難聴の治療 
 ・難聴の治療箇所(ターゲット)
 ・難聴(内耳)治療が困難な理由
 ・難聴の原因の治療
 ・難聴の薬物療法
  @ステロイド薬
  A循環改善薬
  B次世代治癒薬
難聴の予防フリーラジカル
難聴の検査
 ・難聴の診断・検査
  @純音聴力検査
  A語音聴力検査
 ・高度・特殊聴力検査
  @聴性脳幹反応
  A耳音響放射
  B電気誘発聴性脳幹反応
 ・難聴の画像検査
  @コンピュータ断層撮影(CT)
  A核磁気共鳴画像(MRI)
  B脳機能画像(ポジトロン)

突発性難聴.COM

音が聞こえる仕組み 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

各聴覚器官の役割
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

突発性難聴.COM

補聴器について
 @仕組みと種類
 A性能・効果
 B性能の限界
人工中耳について
 @仕組みと効用
 A補聴器との違い
人工内耳について
 @役割:蝸牛機能の代行
 A仕組み・構造
 B働き方・機能の仕方
 C人工内耳手術に伴う危険性
 D適応する難聴症状

音響外傷(おんきょうがいしょう)の原因

- 難聴の原因ついて

 

 音響外傷(オンキョウ・ガイショウ)とは、大音響を、それも突然、耳のそばで聞かされた直後から難聴となり、耳鳴りがするという状態です。目眩(メマイ)を伴ない、なんとなくフラフラする、雲の上を歩くいているような感じがすると訴える場合もあります。心身ともに不調のときに、特に障害が出やすいとも言われています。音響外傷による感音難聴は比較的治りやすい部類に入りますので、ただちに治療を開始することが大切です。初期には、有毛細胞が死んでしまうところまで障害されていないことが多いのですが、放置していると有毛細胞が死んでしまい治療に反応しなくなります。
 では、どの程度の大きさの音響を受けると難聴になるかを考えてみます。音の大きさは、一般的に音圧で表され、デシベル(dB)という単位で示されます。一般的に、音圧を測定する方法として、音源の方向にマイクを向けて音を電圧信号に変換し、そのエネルギーを測定する方法がとられています。この方法は純音(和音ではなく単一の周波数の音)の音圧測定には簡便ですが、工場騒音などは様々な周波数・音圧の音が複合し、音圧の測定が困難であるため、日本では日本工業規格(JIS規格)により音圧測定法が決められています。
 それは基準として、公害対策基本法・騒音規制法・労働安全衛生法などの諸法律で騒音性難聴を引き起こさない環境騒音レベルが決められています。100デシベルを超える騒音にさらされると、先に述べたとおり、一時的な難聴が生じますが、曝露(バクロ)される時間が短ければ、速やかに回復します。
 しかし、80デシベル以上の大きな音を長期間連続で聞いたり、たとえ短い時間でも繰り返し聞いていると、元に戻らない難聴になります。80デシベルの騒音は、たとえば、都市部の街頭での騒音から地下鉄車内の騒音レベルです。騒音の高い工場における長期労働が原因となる難聴がこれに該当します。騒音下での労働に従事している労働者は、労働安全衛生法により、定期的な聴力検査が義務付けられており、聴力低下が認められれば、配置転換などが義務付けられています。

難聴になる時間と音源例

 

音量 音源例 難聴を 患う時間
120dB ジェット機の着陸(25m付近) 5
110dB 工事現場のドリル 20
100dB ヘッドホンステレオ(最高値) 1時間
90dB    
80dB 道路の騒音 8時間
60dB   この程度の音量では、あまり難聴障害は起きません
50dB 洗濯機
40dB  
20dB 木の葉の音
0dB 聴覚の最低値

 

◆「難聴の原因について」の記事一覧◆

☆聴覚の基礎知識☆
◆音が聞こえる仕組み◆ 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
◆耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

◆各聴覚器官の役割◆
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

内耳再生の特集記事
 ・医療の再生箇所(ターゲット)
 ・有毛細胞の再生
 ・医療の現状 ・試みと可能性
 ◆遺伝子治療◆
 ・遺伝子治療による難聴回復
 ・遺伝子治療の現状と可能性
 ◆有毛細胞の再生治療◆
 ・幹細胞(再生治療の中核)
 ・蝸牛支持細胞
 ・ES細胞
 ◆内耳細胞移植◆
 ・有毛細胞の可能性
 ・神経幹、内耳幹、ES細胞
 ・ラセン神経節
 ・細胞治療の応用

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・