突発性難聴.COM
突発性難聴.COM > 難聴の原因 > 伝音難聴と感音難聴の違い サイトマップ
突発性難聴.COM

・突発性難聴
  >>症状、>>診断方法
  >>検査方法、>>治療方法
  >>発症時の生活について
  >>原因究明について
  >>発症しやすい条件
  >>突発性難聴と思ったら

突発性難聴.COM

伝音難聴と感音難聴の違い
・感音難聴の原因
  @種類と原因
  A後迷路性難聴
・有毛細胞が壊れる原因
  @起こること・壊れる仕組み
  A壊れる仕組み
・ラセン神経節細胞の障害
  @役割と障害の原因
  A人工内耳
・血管条障害の起こる原因
  @障害と感音難聴
  A壊れる仕組みと老化

各難聴障害の病気の原因
先天性難聴の原因
遺伝性難聴の原因
老人性難聴の原因
騒音性難聴の原因
職業性難聴の原因
音響外傷の原因
薬物性難聴の原因


難聴で始まる病気
 @細菌感染・腫瘍
 A糖尿病・免疫疾患

突発性難聴.COM

難聴の治療 
 ・難聴の治療箇所(ターゲット)
 ・難聴(内耳)治療が困難な理由
 ・難聴の原因の治療
 ・難聴の薬物療法
  @ステロイド薬
  A循環改善薬
  B次世代治癒薬
難聴の予防フリーラジカル
難聴の検査
 ・難聴の診断・検査
  @純音聴力検査
  A語音聴力検査
 ・高度・特殊聴力検査
  @聴性脳幹反応
  A耳音響放射
  B電気誘発聴性脳幹反応
 ・難聴の画像検査
  @コンピュータ断層撮影(CT)
  A核磁気共鳴画像(MRI)
  B脳機能画像(ポジトロン)

突発性難聴.COM

音が聞こえる仕組み 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

各聴覚器官の役割
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

突発性難聴.COM

補聴器について
 @仕組みと種類
 A性能・効果
 B性能の限界
人工中耳について
 @仕組みと効用
 A補聴器との違い
人工内耳について
 @役割:蝸牛機能の代行
 A仕組み・構造
 B働き方・機能の仕方
 C人工内耳手術に伴う危険性
 D適応する難聴症状

伝音難聴と感音難聴の違い

- 難聴の原因ついて

 

伝音難聴とは

 音は、耳介(耳たぶ)で集められ外耳道(ガイジドウ)を通り、鼓膜(コマク)を振動させます。この振動は、中耳で3つの耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)を伝わり、蝸牛(カギュウ)へと伝達されます。この蝸牛までの機構に異常があって、音が蝸牛に伝わらないことによって起こる難聴を「伝音難聴(デンオンナンチョウ)」と言います。外耳道、鼓膜、耳小骨に異常があって、音がうまく伝わらないことが原因の難聴ということができます。
 たとえば、耳垢(ミミアカ・ジコウ)が、外耳道に詰まってしまっても起こります。中耳炎や膿や滲出液(シンシュツエキ)が中耳に貯まった場合も、鼓膜がうまく振動せず、難聴になります。鼓膜の外傷や、中耳炎で鼓膜に穴があいてしまっても同じ状態になります。3つの耳小骨の連鎖が何らかの原因で外れてしまったり、逆に硬くくっついてしまった場合にも音が伝わりません。耳硬化症(ジコウカショウ)という病気では、アブミ骨と蝸牛の間の膜が固くなってしまって、音が伝わらなくなります。後で説明する感音難聴とは異なり、伝音難聴では、多くの場合、手術などの適切な方法により難聴を治療することができます。

耳の構造

耳の構造

原因の部位別の難聴が疑われる病気

原因の 部位 病態 疑われる病気
外耳 耳垢、異物、炎症 耳垢栓塞(耳垢)、外耳道炎、外耳道狭窄(異物の侵入)
中耳 炎症、血流障害、貯留液、腫瘍、筋肉の痙攣 滲出性中耳炎、慢性中耳炎、耳硬化症、耳管狭窄症、耳管開放症、外傷性鼓膜穿孔
内耳 炎症、血流障害、内耳圧増加、リンパ組成の変化 メニエール病、遅発性内リンパ水腫、突発性難聴、外リンパ瘻、内耳炎、騒音性難聴、老人性難聴、音響外傷、薬剤性障害

 

感音難聴とは

 蝸牛に伝えられた音の振動は、有毛細胞により電気信号に変換され、蝸牛軸にあるラセン神経節細胞に伝えられます。ラセン神経節細胞から出た神経線維は内耳道を通り、延髄にある蝸牛神経核に信号を伝え、最終的には大脳で音が「聞こえる」という感覚を持つことができます。この蝸牛から大脳に至るまでの経路が障害されて起こる難聴が「感音難聴(カンオンナンチョウ)」です。感音難聴のほとんどは蝸牛に障害が生じております。

蝸牛の断面図(有毛細胞・ラセン神経節)

蝸牛の断面図
蝸牛の断面図

 

伝音難聴と感音難聴の診断

 伝音難聴と感音難聴を区別することが難聴治療の第一歩ということができます。この鑑別診断は、一般的な耳鼻咽喉科での診察と聴力検査で容易に行うことができます。ただし、乳幼児や新生児の場合は、特別な検査が必要となります。伝音難聴の場合でも、たとえば中耳のどこに問題があって音がうまく伝わらないのかといった原因の診断には、もう少し詳しい検査が必要となります。感音難聴の原因診断についても、細かく原因を突き止めるためにはいくつかの検査が必要となります。
聞こえに関する異常を感じたら、まずは知覚の耳鼻咽喉科医にできるだけ早く相談することが大切です。いくつかの聴力検査を組み合わせることにより、どこに問題があるのか、かなりのところまでわかるようになっています。難聴に関連する検査については、別ページで詳しく述べています。

 

≫次の記事「感音難聴の原因@種類と原因」へ

 

◆「難聴の原因について」の記事一覧◆

☆聴覚の基礎知識☆
◆音が聞こえる仕組み◆ 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
◆耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

◆各聴覚器官の役割◆
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

内耳再生の特集記事
 ・医療の再生箇所(ターゲット)
 ・有毛細胞の再生
 ・医療の現状 ・試みと可能性
 ◆遺伝子治療◆
 ・遺伝子治療による難聴回復
 ・遺伝子治療の現状と可能性
 ◆有毛細胞の再生治療◆
 ・幹細胞(再生治療の中核)
 ・蝸牛支持細胞
 ・ES細胞
 ◆内耳細胞移植◆
 ・有毛細胞の可能性
 ・神経幹、内耳幹、ES細胞
 ・ラセン神経節
 ・細胞治療の応用

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・