突発性難聴.COM
突発性難聴.COM サイトマップ
突発性難聴.COM

・突発性難聴
  >>症状、>>診断方法
  >>検査方法、>>治療方法
  >>発症時の生活について
  >>原因究明について
  >>発症しやすい条件
  >>突発性難聴と思ったら

突発性難聴.COM

伝音難聴と感音難聴の違い
・感音難聴の原因
  @種類と原因
  A後迷路性難聴
・有毛細胞が壊れる原因
  @起こること・壊れる仕組み
  A壊れる仕組み
・ラセン神経節細胞の障害
  @役割と障害の原因
  A人工内耳
・血管条障害の起こる原因
  @障害と感音難聴
  A壊れる仕組みと老化

各難聴障害の病気の原因
先天性難聴の原因
遺伝性難聴の原因
老人性難聴の原因
騒音性難聴の原因
職業性難聴の原因
音響外傷の原因
薬物性難聴の原因


難聴で始まる病気
 @細菌感染・腫瘍
 A糖尿病・免疫疾患

突発性難聴.COM

難聴の治療 
 ・難聴の治療箇所(ターゲット)
 ・難聴(内耳)治療が困難な理由
 ・難聴の原因の治療
 ・難聴の薬物療法
  @ステロイド薬
  A循環改善薬
  B次世代治癒薬
難聴の予防フリーラジカル
難聴の検査
 ・難聴の診断・検査
  @純音聴力検査
  A語音聴力検査
 ・高度・特殊聴力検査
  @聴性脳幹反応
  A耳音響放射
  B電気誘発聴性脳幹反応
 ・難聴の画像検査
  @コンピュータ断層撮影(CT)
  A核磁気共鳴画像(MRI)
  B脳機能画像(ポジトロン)

突発性難聴.COM

音が聞こえる仕組み 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

各聴覚器官の役割
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

突発性難聴.COM

補聴器について
 @仕組みと種類
 A性能・効果
 B性能の限界
人工中耳について
 @仕組みと効用
 A補聴器との違い
人工内耳について
 @役割:蝸牛機能の代行
 A仕組み・構造
 B働き方・機能の仕方
 C人工内耳手術に伴う危険性
 D適応する難聴症状

難聴ってどんな病気なの?

 難聴は、最も頻度の高い身体障害の1つですが、その正確な実態を調べることは簡単ではなく、すなわち正確な対処も難しい病気です。その理由として、難聴は徐々に進んでいく事が多いため、どこまでが正常で、どこからが聴覚障害かの線を引くことが難しいこと、音の感じ方が人によってことなるため、聴力検査の結果が同じでも日常生活に困難が生じると感じる人と、そうでない人が両方いることなどが挙げられます。
 難聴か否かを見極める一つの目安として、日本では聴力が両側とも70デシベル(dB)以上、または一側(片側)が50デシベル以上で反対側が90デシベル以上で障害者と認定されますが、このような人は、現在約40万人とされています。しかし、障害認定を受ける人は、補聴器などを使わなければほとんど会話もできない程度の高度難聴であり、軽度から中等度の難聴、および一側性の難聴の人はこの中に含まれません。このような人を加えると、日本では推定700万人以上が耳に不自由を感じているとされています。

難聴の分類一覧(先天性及び後天性難聴)

先天性難聴 遺伝性難聴 症候性、Alport症候群、Usher症候群など非症候性
胎生期難聴 風疹、サリドマイドなど
周産期難聴 重症黄疸など
後天性難聴 伝音難聴 滲出性中耳炎、耳小骨離断、真珠腫性中耳炎など
感音難聴 突発性難聴、加齢性難聴など

 聞こえるはずの音が聞こえない難聴や、聞こえないはずの音が聞こえる耳鳴りは、聴覚になんらかの異常が生じて起こるものです。具体的には、音を空気の振動として感知してから「音」と認識する一連のルート(外耳→中耳→内耳→蝸牛神経→脳)のどこかに異常が起こることで、耳鳴りや難聴が生じると推測されます。
そうした病気の中で、最も多いのが耳(外耳→中耳→内耳)に関係した病気ですが、聴神経や脳、あるいは全身性や精神的(心因性)の難聴の病気もあり得ます。
 このように、難聴は、多くの病気の初発症状として現れることが多いので、可能性を甘く見ず、信頼のおける医師の診断をできるだけ早く受けることが重要です。

難聴の部位別病態・疑われる病気一覧

原因の 部位 病態 疑われる病気
外耳 耳垢、異物、炎症 耳垢栓塞(耳垢)、外耳道炎、外耳道狭窄(異物の侵入)
中耳 炎症、血流障害、貯留液、腫瘍、筋肉の痙攣 滲出性中耳炎、慢性中耳炎、耳硬化症、耳管狭窄症、耳管開放症、外傷性鼓膜穿孔
内耳 炎症、血流障害、内耳圧増加、リンパ組成の変化 メニエール病、遅発性内リンパ水腫、突発性難聴、外リンパ瘻、内耳炎、騒音性難聴、老人性難聴、音響外傷、薬剤性障害
聴神経 炎症、腫瘍、外傷 聴神経腫瘍、ハント症候群
腫瘍、血流障害、外傷 脳血管障害(脳卒中)、脳腫瘍
全身性 血圧の変化、血流障害、自律神経異常、加齢、ホルモン分泌異常 糖尿病、高血圧、低血圧、動脈硬化、高脂血症、腎臓病、更年期障害、自律神経失調症
心因性 精神的影響 うつ病、不安神経症(パニック障害)、心身症

耳の構造

 難聴者の割合は国や地域によっても異なります。難聴は高齢者の人に多いため、日本をはじめとした先進国に見られるように社会全体が高齢化すると難聴の人の割合が高くなっていきます。また、騒音は難聴の原因になるため、社会全体の騒音が大きくなると、難聴の人の割合が高くなるとも言われています。一方、中耳炎や妊娠中のウイルス感染などの感染症も難聴の原因となるので、発展途上国を中心とした、感染症が十分制御されていない地域でも難聴が多くなります。

 当サイトでは、こうした実態のがつかみにくく、発症の発覚や対処法が難しい難聴(中でも突発性の難聴を中心とした急性的な難聴)の人が、難聴の回復(聞こえの獲得)をするために、どのような方法があるのかについての情報をまとめました。人がどのようにして音を聞き、言葉を理解するのかについて、どなたにでも理解できるように解説したつもりです。

その他の難聴や耳の異常の時は
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・耳が痛い   ・耳だれがする
 ・耳から血が出る ・耳が腫れる
 ・耳がかゆい
急性中耳炎の原因
 
@耳管、A外耳道、B血流
滲出性中耳炎
慢性中耳炎の引き金
  >>化膿性中耳炎
  >>非化膿性中耳炎
☆聴覚の基礎知識☆
◆音が聞こえる仕組み◆ 
 ・音が脳に伝わる仕組み
 ・蝸牛から大脳の伝導の仕組み
 ・蝸牛の音を感じる仕組み
◆耳の構造と仕組み
 ・聴くことと身体バランス調節
 ・音を伝える仕組み
 ・蝸牛の振動部分と音の高さ

◆各聴覚器官の役割◆
 ・有毛細胞:振動を感じる器官
 ・ラセン神経節:電気信号を受信
 ・血管条:電気信号を作る電池
 ・耳管:  中耳の空気圧の調整
 ・半規管頭の回転を捕捉
 ・耳石器頭の傾き・重力を捕捉

内耳再生の特集記事
 ・医療の再生箇所(ターゲット)
 ・有毛細胞の再生
 ・医療の現状 ・試みと可能性
 ◆遺伝子治療◆
 ・遺伝子治療による難聴回復
 ・遺伝子治療の現状と可能性
 ◆有毛細胞の再生治療◆
 ・幹細胞(再生治療の中核)
 ・蝸牛支持細胞
 ・ES細胞
 ◆内耳細胞移植◆
 ・有毛細胞の可能性
 ・神経幹、内耳幹、ES細胞
 ・ラセン神経節
 ・細胞治療の応用

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

甲状腺異常
甲状腺の機能異常に関して、バセドウ病や橋本病などを中心に重要な情報をまとめたサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・